遊戯王VRAINS面白いですね

 5D's以来に遊戯王のアニメを観てます(というか5D'sが終わってから、もう6年なんですね・・・)。世界観も良いですし、まだ謎なことも多くて、次の展開が気になりますね。スピードデュエルという「ボードに乗りながらのデュエル」は冷静に考えると意味不明なのに「今回はボードに乗ってデュエルするのか」で済んでるのは何かがおかしい・・・。

【翻訳】What’s the Play? Infect (Legacy) - By Luis Scott-Vargas

www.channelfireball.com

 

(ここから翻訳)

 What's the Playが戻ってきた。今回は楽しいレガシーの話だ。あなたはデス&タックス相手に感染をプレイしており、相手のハンドには《梅澤の十手》があることがわかっている。

 

The Situation

f:id:prowess11:20170514082944p:plain

ここには二つの選択肢がある。それらを分析していこう。

 

選択肢1・・・《渦巻く知識》を唱える(サリアにより2マナ支払いながら)

 もし《激励》をドローすれば《荒廃の工作員》でアタックして勝ちだ。もしフェッチランドをドローすれば《強大化》を唱えるのに十分な探査ができて勝ちだ。もしフェッチランドでないランドを引けば選択肢2だ。

 

選択肢2・・・《荒廃の工作員》と《ぎらつかせのエルフ》の両方でアタックする

 もし相手が《ぎらつかせのエルフ》をサリアでわかりやすいブロックをすれば、あなたは勝ちだ。先制ダメージを解決し、エルフを死亡させる。そして、その時にちょうど《荒廃の工作員》に《強大化》を探査でプレイするのに十分なマナと墓地があるのだ。相手サイドからするとトリッキーなプレイだから、成就する可能性は十分ある。しかし、もし代わりに《石鍛冶の神秘家》でブロックされると、十手によって多分あなたは負けるだろう。幸運を祈る時間だ。

 

LSV's Play

 選択肢1から始める。相手が間違ったブロックする確率よりも、フェッチか《激励》を引く確率の方が私は好みだ。加えて普通のランドを引ければ、選択肢2が盤上にまだある。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

マジック・オンライン(MO)でゲーム中にサイドボードを確認する

 《狡猾な願い》《燃え立つ願い》などの願いサイクルのカードを使ってる時、またはサイドボード後に何を入れ替えたのかを忘れてヒントが欲しい時に使えそうな豆知識です。

 豆知識とは言っても、わざわざブログ記事にするほどでもないぐらい簡単で、右クリックをしてから、メニューの中の"View Sideboard"をクリックすると見れます。

f:id:prowess11:20170501061017j:plain

 

f:id:prowess11:20170501061031j:plain

  画像はメインボード戦の時に撮ったものなので、元々のサイドボードのままですけど、サイドボード後にはちゃんと入れ替えが反映されたものになります。

 

 サイドボード後にデッキにちゃんと欲しいカードが残ってるかなんて確認したいのはコンボデッキぐらいな気がしますし、願いサイクルを使うのも大体はコンボデッキなので、コンボデッキを使わなかったり、スタンダード中心だとこの機能を使う機会はなさそうですね。

【翻訳】フードチェイン入門(Food Chain Primer - by Marius Hausmann )

itsjulian.com

3/20に開催されたMKM Milanで優勝した《歩行バリスタ》入りフードチェインの解説です。本記事は2017/3/26に掲載されました。

続きを読む

【翻訳】What’s the Play? - Storming again!

thelibraryatpendrellvale.com

詰めマジック(?)の記事です。

続きを読む

【翻訳】What’s the Play? - Miracles vs Storm

thelibraryatpendrellvale.com

面白い内容だったので翻訳してみました。

続きを読む

【翻訳】The Epic Stormのカード選択(Card Choices - The Epic Storm)

www.theepicstorm.com

上記のサイトの記事に興味があったので、初めてで拙いですが翻訳してみました。

 ※この記事は2016/6/21に掲載されました。

 

続きを読む