【翻訳】Zombies at Pro Tour Hour of Devastation By Andrea Mengucci

www.channelfireball.com

(以下訳) 

 2016-2017シーズンが終了し、それは素晴らしいものだった。プロポイント47点でシーズン初めに目標としていたゴールドレベルに達して、2年連続でイタリアチームのキャプテンを務めることになった。これは達成するのが信じられないぐらい困難に思えていたんだ。プロツアー『破滅の刻』に行こうとしてる時には、 Federico Del Basso に6ポイント離されていたからね。

 今シーズンはテストチームのMTGMintCardとMTGBentCardへのお祝いだった。毎回、1人をTOP8に送り出し、常にスタンダードの上位デッキを選択していたのだ。

 シーズン初めはチームの中でプラチナレベルのプレイヤーは2人だけで、世界選手権に参加したのは1人だけだった(僕だよ)。今はプラチナレベルのプレイヤーは5人いて、世界選手権の参加者は4人いるんだ!

 直近の3つのプロツアーはスタンダードラウンドを7-3で終えていた。そして、京都では黒単ゾンビを使用した。

 チームは赤単とゾンビに二分し、全体的に自分達は両方のデッキで良い結果を残せた。Yam Wing Chun と Javier  Dominguezは赤単で4位と9位になり、Christian Calcano と自分はゾンビでベスト16に入ったんだ。

 自分はテストの早い段階でゾンビに落ち着いた。赤単が常識破りで、フォーマット全体を抑止していることは理解していたし、実際、コントロールとコンボは赤単には降参だった。だから、全体除去は少ないと思われたんだ(ゾンビに適したフィールドだ)。ゾンビと赤単のマッチアップは思った程良くはなかったが、テストを重ねていきゾンビに落ち着いた。

 

Mono-Black Zombies

Andrea Mengucci, 13th Place at Pro Tour Hour of Devastation

Lands

4《イフニルの死界/Ifnir Deadlands

2《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》

19《沼/Swamp》

Creatures

4《墓所破り/Cryptbreaker》

4《戦墓の巨人/Diregraf Colossus》

4《戦慄の放浪者/Dread Wanderer》

2《金属ミミック/Metallic Mimic》

4《無情な死者/Relentless Dead》

4《呪われた者の王/Lord of Accursed》

Spells

4《闇の救済/Dark Salvation》

3《致命的な一押し/Fatal Push》

3《リリアナの支配/Liliana's Mastery》

3《闇の掌握/Grasp of Darkness》

Sideboard

2《没収/Disposses》

1《致命的な一押し/Fatal Push》

1《闇の掌握/Grasp of Darkness》

2《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》

3《最後の希望、リリアナ/Liliana, the Last Hope

2《精神背信/Transgress Mind》

1《リリアナの支配/Liliana's Mastery》

1《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》

2《不帰+回帰/Never+Return》

 

 ゾンビがTOP8に入った前回のプロツアーから新しく採り入れたものはほとんどないが、《イフニルの死界》は非常に大きなアップグレードだ。低コストで働くスペルランドはただただ素晴らしい。このカードは必ず4枚入れるべきだ。

 《屍肉あさりの地》は《王神の贈り物》デッキのための保険だが、そのデッキは総体的には強くないとわかったので、それらを《沼》1枚と《ウェストヴェイルの修道院》1枚に換えてよかったかもしれない。また、それは《イフニルの死界》のために生贄にする砂漠になったり、《地揺すりのケンラ》や《奔流の機械巨人》のために起動したりと使用は多方面にわたる。

 

TIps and Tricks

・4ターン目に《戦墓の巨人》と一緒に出すために、時には1マナのゾンビを温存しておきたい。だから、1ターン目に《戦慄の放浪者》をプレイするよりも《致命的な一押し》のために黒マナを立てることを選択することがあるかもしれない。

・《墓所破り》は赤単に対して常識破りだ。なぜなら、それは《地揺すりのケンラ》と《アン一門の壊し屋》をケアできるからだ。だから、それらがトレードを申し込んできても《墓所破り》でトレードしてはいけない。

・対青赤コントロールはインスタントタイミングでカードアドバンテージを得るために、アンタップしているゾンビ2体がすでにいる状態から《墓所破り》をプレイしたい。

・《無情な死者》で《戦墓の巨人》を戻すなら《戦墓の巨人》は墓地の自身と《無情な死者》を参照するので、最低でもカウンターが2つ乗る。だから、マナが沢山あるなら、自分の《無情な死者》を殺せることも留意しておきたい。

・緑黒、ティムールエネルギー、青赤コントロールに対しては《無情な死者》《戦慄の放浪者》、そして《墓所破り》のドローによって全体除去をケアしよう。それらのデッキにはカードを失わずにプレッシャーをかける必要がある。

・対赤単で、序盤にアタックしてはいけない。向こうよりもあなたのライフは大事で、《熱烈の神ハゾレト》を処理する手段は豊富なのだ。だから、ライフが安全圏で盤面を安定させれば、負けることはない。

・対ゾンビで、もし1ターン目に《墓所破り》をプレイされたなら、1ターン目に対象を対戦相手にして《闇の救済》を唱えれば、《墓所破り》を除去することができる。

・対青白モニュメントでは《呪われし者の王》《リリアナの支配》をプレイしてはいけない。また、《黄昏+払暁》をケアして《金属ミミック》は「ジャッカル」を宣言しよう。そしてカードアドバンテージで圧倒するのだ。

・対赤緑打撃体では《静電式打撃体》以外のクリーチャーを除去するかで悩まなくていい。それらのフェアなクリーチャーは《戦墓の巨人》《リリアナの支配》によって横が広がれば、あなたを倒すことはできない。

 

Sideboarding Guide

・ラムナプレッド

先手

in

1《闇の掌握》

2《ゲトの裏切り者、カリタス》

1《リリアナの支配》

2《不帰+回帰》

out

2《金属ミミック

2《呪われし者の王》

1《闇の救済》

1《致命的な一押し》

 

後手

1《闇の掌握》

2《ゲトの裏切り者、カリタス》

1《リリアナの支配》

2《不帰+回帰》

1《致命的な一押し》

out

2《金属ミミック

4《呪われし者の王》

1《闇の救済》

 

・青赤コントロール

in

2《精神背信》

2《没収》

3《最後の希望、リリアナ》

1《リリアナの支配》

1《闇の掌握》

out

3《致命的な一押し》

2《闇の救済》

4《呪われし者の王》

 

・マルドゥ機体

in

2《不帰+回帰》

1《リリアナの支配》

1《闇の掌握》

out

2《闇の救済》

2《呪われし者の王》

 

・青白モニュメント

in

3《最後の希望、リリアナ》

1《領事の旗艦、スカイソブリン

1《闇の掌握》

2《ゲトの裏切り者、カリタス》

2《不帰+回帰》

out

2《金属ミミック

4《呪われし者の王》

3《リリアナの支配》

 

・ティムールエネルギー

in

2《不帰+回帰》

1《闇の掌握》

1《領事の旗艦、スカイソブリン

1《リリアナの支配》

out

1《致命的な一押し》

4《呪われし者の王》

 

・緑黒巻きつき蛇

in

2《不帰+回帰》

1《闇の掌握》

1《領事の旗艦、スカイソブリン

1《リリアナの支配》

2《精神背信》

out

2《金属ミミック

4《呪われし者の王》

1《致命的な一押し》

 

・赤緑打撃体

in

3《最後の希望、リリアナ》

1《闇の掌握》

1《致命的な一押し》

2《不帰+回帰》

out

4《呪われし者の王》

3《リリアナの支配》

 

・ゾンビ

先手

in

2《最後の希望、リリアナ》

2《不帰+回帰》

1《闇の掌握》

1《領事の旗艦、スカイソブリン

1《リリアナの支配》

out

4《戦慄の放浪者》

2《金属ミミック

1《致命的な一押し》

 

後手

in

1《致命的な一押し》

1《闇の掌握》

2《不帰+回帰》

1《領事の旗艦、スカイソブリン

1《リリアナの支配》

out

4《戦慄の放浪者》

2《金属ミミック

 

・王神の贈り物

in

2《没収》

2《精神背信》

1《闇の掌握》

2《ゲトの裏切り者、カリタス》

out

3《致命的な一押し》

1《闇の救済》

3《リリアナの支配》

 

・ランプ

in

2《精神背信》

2《不帰+回帰》

2《ゲトの裏切り者、カリタス》

1《リリアナの支配》

out

3《致命的な一押し》

3《闇の掌握》

1《闇の救済》

 

 プロツアーのTOP8を赤単が支配したにもかかわらず、自分は赤単に全く当たらなかった。Christian Calcano は赤単に3回勝っている。マッチアップは僅かにゾンビが有利に見えるが、よくプレイし、徹底的にテストするべきだ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上、翻訳でした。そう言えば、白黒ゾンビはどこに行ったんだろう・・・