【翻訳】The Epic Storm Matchup Mulligan: Storm

theepicstorm.com

The EPIC Storm の対Stormにおけるkeep or mulligunです。

(以下翻訳)

 

サイドボーディング前

Hand1:(先手)

f:id:prowess11:20171104033035p:plain

 キープ

 このハンドは先手でも理想的なものだ。土地がまだ置ける状態で先手1ターン目の《むかつき》が可能である。このハンドについて他に言うことはないな。初歩的だ。

 

Hand2:(後手)

f:id:prowess11:20171104033103p:plain

 マリガン

 このハンドは罠だ。10体以上のゴブリンを出せるのは夢みたいだが、そいつらは相手が勝つであろう3ターン目までに相手を倒せない。そして、問題は《巣穴からの総出》を唱えた後に相手に干渉できないことだ。もし《陰謀団式療法》もあるなら、このようなハンドも時にはOKだ。それでもリスキーだがな。

 

Hand3:(先手)

f:id:prowess11:20171104033135p:plain

 キープ

 素晴らしいハンドではないが、占術で《暗黒の儀式》か《ライオンの瞳のダイアモンド》が見つかれば、ワンターンキルできる。或いは占術で黒のマナソースをトップに置けたなら《強迫》が選択肢になる。選択肢が多くて楽しいハンドだよ。

 

Hand4:(後手)

f:id:prowess11:20171104033157p:plain

 キープ

 このハンドは素晴らしい。ハンデスに耐性があり、もし《暗黒の儀式》が引けたらコンボ開始だ。とは言っても、このハンドをここで出したのは、ストームミラーの1ゲーム目では《燃え立つ願い》からの《テレミンの演技》で100%勝つことを話したかったからなんだ。

 

Hand5:(先手)

f:id:prowess11:20171104033219p:plain

 マリガン

 このハンドは一見して良さそうに見える。ハンデスが複数あり、チューター系のカードがもう1枚あるので相手のハンデスの効果は薄い。問題は、このハンドは実際には何もしないことだ。このハンドだと、相手が土地とマナアーティファクトをただ置いていき、トップデッキされた瞬間に君は負けるだろう。

 

サイドボーディング後

対ANT

-1《巣穴からの総出》

+1《苦悶の触手》

対TES

-1《巣穴からの総出》

+1《思考囲い》

 

Hand6:(後手)

f:id:prowess11:20171104035543p:plain

 キープ

 私はこのようなハンドをキープしている。多くの人はこれはマリガンだと考えるだろう。とは言っても、TESは脅威の密度が非常に高いから何か見つけられるだろう。もし相手はハンデスするなら《強迫》か《ライオンの瞳のダイアモンド》のどちらかを選ばねばならないが、どちらも悪くはない。

 

Hand7:(先手)

f:id:prowess11:20171104035608p:plain

 マリガン

 1つ前の手札によく似ているが、同じではない。このハンドは土地が多いので暴勇の達成にトラブルがある。また、干渉手段に欠けていて《陰謀団式療法》に弱い。私から言わせてもらえば即決だ。

 

Hand8:(後手)

f:id:prowess11:20171104035626p:plain

 キープ

 もしハンデスを打たれなければ、1ターンキルのために占術、ドローステップ、調査の3回のチャンスがある。このようなハンドは厳しい傾向にあるが、ハンデスさえ無ければ、やる価値はあると思う。価値のあるリスクを取って勝つ瞬間を堪能してくれ。

 

Hand9:(先手)

f:id:prowess11:20171104035640p:plain

 マリガン

 このハンドもまた罠だ。《思案》と《炎の儀式》が2枚ありプレイアブルに見えるが、実際は何もできない。例え《思案》で《ライオンの瞳のダイアモンド》を見つけたとしても、やれることは最大でも《テレミンの演技》(サイドボード後はリスキーだ)か《巣穴からの総出》だ。

 

Hand10:(後手)

f:id:prowess11:20171104035655p:plain

どちらとも言えない(私はキープする傾向にある)

 これもまた厳しいハンドだ。私なら多分《金属モックス》に刻印するカードを占術で探そうとするだろう。そして、《テレミンの演技》で勝つために相手がクリーチャーをサイドインしていないことをお祈りする。もし相手がサイドインしていたら、これはただの悪いhand2だ。